夕方のハンバーガーショップは閑散としていた。
私はバニラシェイクを啜りながら、フライドポテトを追加しようか迷っていた。
テーブルの向こうで、彼が大きな口を開けてハンバーガーをほおばっている。

「ハンバーガー、好きなのね」
「アメリカにいた頃によく食べてたからね。でも、こっちの方が美味しいよ」

口の周りにケチャップをたっぷりつけた彼が嬉しそうに笑う。
そして突然何かに気づいたように顔を曇らせ、そのままうつむいた。

「僕の事、好き?」

彼が不安げに上目づかいで訊く。
大丈夫、愛してる。
5年後はわからないけどね。
私は思った言葉をシェイクと一緒に飲み込んで、代わりにニッコリ微笑んで一言こう言った。

「I'm lovin' it」
 
2017/06/25(日) 22:23 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)
 
大勢の人がいた。
私は、その大勢の中の一人でしかなかった。
埋もれたくない、と思った。
そして、皆消えて私だけになればいいのに、と祈りながら目を閉じた。
そこで意識が途絶えて、次に気が付いた時、私は地面に這いつくばっていた。

この匂いは。

朦朧とした意識の中、微かに漂う懐かしい香りに目を開けた。
逆光でよく見えないけれど、シルエットで彼だと分かった。
女の私より長い金髪が太陽に照らされてキラキラと光っている。

「お前しか残らなかったか」

彼が私の目前に膝をついた。
罪深い彼の香りが鼻孔をくすぐる。
私以外にいた人間は皆死んだ。
私は精一杯の力を振り絞って微笑む。
祈りが届いたのだ。
 
この匂いが分かるのは、世界中で私一人だけでいい。
 
2017/06/24(土) 23:08 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)
 
私達は砂漠にいた。
目の前には古びた螺旋階段があり、満月に照らされて暗い夜空に永遠のように伸びている。

「どうする?」

ペットボトルの水を飲みながら彼が訊ねる。
夕方オアシスでペットボトルに汲んだ水が、二人のリュックにたくさん入っている。
しばらくは水の心配はいらないだろう。

「行くしかないわ」

彼が力強く頷く。
私達は覚悟を決めて階段を昇り始めた。


鉄筋の螺旋階段をひたすら昇り続ける。
いま、地上何メートルくらいだろう。

「知ってる?砂漠のことわざで、階段を昇り切った先にはコブラがいるんだって」
「何よそれ、聞いたことないわ」
「だろうね。今、俺が思い付いたんだから」

後ろからついて来ている彼がにやりと笑う。
その顔がやけに憎たらしかったので、蹴っ飛ばすわよ、と言ってかかとで軽く彼のおなかを小突いた。

「だけどこの階段、まるでコブラの腹の中みたいだと思わないかい」

そう言われて、足下を見る。
昇って来た階段は既に真っ暗な闇に飲まれ、ほとんど見えなくなっていた。

「コブラに飲まれそう」

彼がまたにやりと笑う。
私達は満月の明かりだけを頼りに、コブラの腹の中を延々と昇り続けた。
 
2017/06/23(金) 23:31 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)
 
昔、とても好きな人がいた。
彼に会った最後の日のことを、私はよく覚えていない。

笑って皆に手を振って帰って行ったことだけは覚えてる。
その時も、私とだけは目を合わせなかった。
当然だと思った。
私は、それだけのことをしてしまったのだから。


「もう二度と会えないね」

私の考えていることを見透かしているかのように彼が言う。
あの日から、彼はずっと私の隣にいる。
もちろんこれは幻だ。私以外の人間には見えない。

「あなたがいるからいいの」

彼が羽根のように軽い手で私の髪を撫でる。
私にしか見えない彼は、全て忘れて水に流したかのように私に優しい。
あの日終わるはずだった私の恋は、今もこうやって幽霊を相手に続いている。

私はいつまでも最終回を迎えられない。
 
2017/06/22(木) 22:36 [003] PERMALINK COM(0) TB(0)

 
「最近、頭の後ろが痛いんだ」

彼が首の後ろを押さえながらぽつりと愚痴を言った。

「大丈夫?病院は行った?」

彼は首を横に振ってため息をつく。
よく見れば顔色が少し悪い。

「大丈夫、病院に行くほどじゃないんだ。
 でも、今までこんなこと無かったのに、どうしてだろう」

私は真顔で言った。

「実は、寝てる間に私が一本ずつネジを抜いてるの」

彼の動きが一瞬固まった。
それからとても神妙な顔つきになり、納得したというように頷いた。

「だから痛かったのか。ネジを返してよ」

彼はまた首の後ろを押さえながら、真剣な表情で私に迫った。
私はため息をついて、彼のおでこを思いっきり叩いた。

「いいからさっさと病院に行って」
「どうして」
「あなたが悪いのは頭よ。きっと重症だわ」

ばかばかしくなったので、立ち止まっている彼を放って先に歩き出した。
残された彼は私の姿が見えなくなるまで、
「でも、ネジを返してくれなきゃ治らないよ」と叫んでいた。
 
2017/06/21(水) 21:17 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)