VR

 
ベッドの上で寝転がっていると、彼が小さな段ボール箱のようなものを持って来た。

「なに、それ」

彼はこちらを見ず、段ボール箱の中に自分のスマートフォンを入れて覗き込んだ。
そしてしばらくあれこれと箱を動かし、頷いて私の方を向いた。

「ほら、見てみて」

彼が段ボール箱を私に手渡す。
怪訝に思いながら箱を覗き込んで、思わず「わっ」と声を上げてしまった。

「すごい、どうなってるの」
「面白いでしょ」

満足げに彼が笑った。
段ボール箱の中で、緑の髪をしたヴァーチャルの女の子がこちらに手を振っていたのだ。

「この箱とスマートフォンがあれば、どこでも見られるんだ。そのまま振り返ってみて」

言われたとおりに、箱を覗き込んだまま振り返る。
すると視界がぐるっと回転し、今度は少女の後姿が見えた。

「すごい、後ろを向いた」
「それだけじゃないよ。足下も見えるし、空だって見上げられる」

段ボール箱を上に向ける。
本当だ。綺麗な星空が見える。

「今は、夜なのね?」
「そう。電波時計と連動してるから、時刻に合わせた風景になるんだ」

段ボール箱から顔を離し、箱を彼に返した。
小さく頭を振りかぶってベッドの横の窓を見ると、真っ暗な宙に青白い月が輝いていた。

「ねえ、あの月もヴァーチャル?」
「あれは本物だよ。そして、これも本物」

彼がミントガムを私の唇に放り込んだ。
私もボトルからガムを取り出し、同じように彼の口に放り込む。
それから私達は青白い月を見ながら、味がしなくなるまで同じミントガムを噛み続けた。
 
2017/06/07(水) 23:37 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)