とてもわがままな人だった。
いつだって自分が王様だと思っているような態度だったし、実際に彼は王様だった。
自分の気に入らないことは絶対に許せない。
いつかの夏の夜だって、男友達の話をしていたら突然怒り出して、

「俺以外の男を見るな」

と言って私を壁に追いつめたりした。


「だけど、とてもセクシーな人だったわ」

私はうっとりと目を閉じて、あの人の面影を思い出す。
髪は太陽のように赤かったかしら。
もう顔も、背の高さも、もしかしたら声も忘れかけているかもしれない。
ただ、彼がいつも纏っていた"エゴイスト"という名の香りだけは、いつまでも鮮明に覚えていた。
 
2017/06/12(月) 19:49 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)