大勢の人がいた。
私は、その大勢の中の一人でしかなかった。
埋もれたくない、と思った。
そして、皆消えて私だけになればいいのに、と祈りながら目を閉じた。
そこで意識が途絶えて、次に気が付いた時、私は地面に這いつくばっていた。

この匂いは。

朦朧とした意識の中、微かに漂う懐かしい香りに目を開けた。
逆光でよく見えないけれど、シルエットで彼だと分かった。
女の私より長い金髪が太陽に照らされてキラキラと光っている。

「お前しか残らなかったか」

彼が私の目前に膝をついた。
罪深い彼の香りが鼻孔をくすぐる。
私以外にいた人間は皆死んだ。
私は精一杯の力を振り絞って微笑む。
祈りが届いたのだ。
 
この匂いが分かるのは、世界中で私一人だけでいい。
 
2017/06/24(土) 23:08 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)