眠らない街で待ち合わせた私達は、路地裏のカフェバーに入った。


店はカウンターで注文と会計を先に済ませるシステムで、
真夜中の0時を過ぎているのにケーキやマフィンなどのスイーツも充実していた。
彼が先にブラウニーとコーヒーを注文する。
私は洋梨のタルトと、飲み物は紅茶と一瞬迷ったけれど、何となくカプチーノにした。


席に着いて間もなく、ウェイターが注文した品を運んできた。
そしてウェイターが去った後、とても重大な秘密を打ち明けるかのように、声をひそめて彼が囁いた。

「実は俺、探偵なんだ」

彼の今日の出で立ちは、黒いセーターに黒いパンツ、白い手袋。
ベージュブラウンのインバネスコートに、チェック柄の鹿撃ち帽まで被っている。
ああ、こんなにも分かりやすい探偵が一体どこにいると言うのだ!

「やっぱり、そう思ってた」

彼はにやりと笑ってブラウニーにフォークを突き刺した。
私はといえば、英国の探偵小説からそのまま出て来たような名探偵を眺めながら、
「やっぱり紅茶にすればよかったかしら」と後悔していた。
 
2017/06/16(金) 21:02 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください