真夏のストリートを歩いていたら、サーフショップの前に彼が立っていた。
無視して通り過ぎようとすると、日焼けした腕が伸びてきて私の手をつかんだ。

「どうして会いに来てくれなかったの」

「行くわけないじゃない」

寝言を吐くのもいい加減にしろ、と思った。
しかしなお始末が悪いのは、彼がしっかりと起きているということだった。

「私が全部忘れて、水に流したとでも思ってるの?ウォータースライダーみたいに」

彼の視線がゆっくりと私の胸元に移動する。
そして彼は、うっとり目を閉じて頷いた。

「君のそういうところが本当に好きだよ」
 
2017/08/12(土) 04:15 [001] PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください